『いわき』盛りだくさん!東京都庁でフェア 磐城農高生ら販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
磐城農高の生徒らがいわきの魅力を発信しているフェスタ=都庁

 いわき市の観光や食の魅力を首都圏に発信する「ふくしま・いわき盛りだくさんフェスタ」が30日、都庁内の全国観光PRコーナーで始まった。いわき産のトマトやナシ、日本酒、ワイン、「常磐もの」のブランドで知られる本県沖の海産物が並び、訪れた人たちの人気を集めている。31日まで。県いわき地方振興局の主催、市、いわき観光まちづくりビューロー、JA福島さくらの共催。

 磐城農高食品流通科2年の高橋紗菜さん、谷本花菜子さん、小沢あかねさんが販売実習に臨んだ。6次化商品として特産のナシを使って開発した焼き肉のタレや酢、ドレッシング、ナシとイチゴのジャムを販売、好調な売れ行きだった。

 新たに商品化を目指すネギダレについてアンケートも行い、来場者の意見を聞き取った。3人は「商品に興味を持ってもらい、手応えを感じている。今回の経験を学校での販売実習に生かし、もっと商品を売り込みたい」と笑顔を見せた。

 サンシャインガイドいわきの高島一奈さんが来庁者に観光名所や物産をPRしている。

 最終日は午前9時30分~午後3時。