福島県庁舎が全面禁煙!喫煙室閉鎖へ 敷地内屋外での喫煙可能

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
閉鎖した喫煙室前に県が掲示した告知=31日午後5時すぎ、県庁

 県は31日、県庁西庁舎2階にある喫煙室を閉鎖し、庁舎内を全面禁煙とした。敷地内の屋外での喫煙は可能だが、喫煙所は設けない。県は「庁舎出入り口付近や人通りの多い場所など望まない受動喫煙が生じる恐れのある場所を避け、モラル・マナーを守った対応を」(施設管理課)と呼び掛けている。

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法の成立によって病院や学校、行政機関などでは来年夏をめどに原則、屋内完全禁煙となる。これに伴い県は今回、耐震工事に合わせて喫煙室を閉鎖した。

 同法では来夏以降も、屋外の喫煙所の設置は認められているが、県の対応は決まっていないという。県内自治体では、郡山市が庁舎内と敷地内の屋外も含め全面禁煙とするなどしている。