北日本Vへ稽古に熱 南会津の和太鼓グループ「田島太鼓龍巳会」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3連覇へ意気込むメンバーら

 南会津町の和太鼓演奏グループ「田島太鼓龍巳会」は16日に宮城県の名取市文化会館で開かれる「太鼓祭inなとり 第6回北日本大会」に出場する。メンバーは本番に向け、稽古に熱を入れている。

 同大会は、12月にさいたま市で開かれる全国大会である日本一決定戦の予選大会。田島太鼓龍巳会からは組太鼓一般の部と同ジュニアの部に出場する。同会は昨年まで両部門で連覇を達成して2年連続で全国大会に出場している。3連覇を目指している。

 今回は、一般の部に小学6年~高校3年の13人が「白鼓(びゃっこ)」、ジュニアの部に小1~小5の15人が「鼓狐(ここ)」として出場。同町田島地域に伝わる伝承をもとにした創作曲を演奏する。両チームのリーダーを務める渡部龍大さん(会津高3年)は「昨年以上の演奏をしたい」と意気込んでいる。