東京五輪・パラのマスコット初登場 Jヴィレッジで機運盛り上げ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
家族連れと記念写真に納まる東京2020大会マスコットのミライトワ(左)とソメイティ=2日午前、Jヴィレッジ

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」が2日、Jヴィレッジ(楢葉、広野町)に登場し、大会に向けて機運を盛り上げた。県内に両マスコットが登場するのは初めて。

 東京五輪では、福島市のあづま球場で野球・ソフトボールの開幕試合が行われるほか、本県は聖火リレーの出発地にも選ばれている。県が五輪への県民の関心をさらに高めようと両マスコットを招いた。

 特設ステージでは、両マスコットが握手や記念撮影に応じ、子どもたちの人気を集めた。いわき市の女子児童(9)は「とてもかわいかった。一緒に写真も撮ることができてうれしい」と笑顔で話した。