金賞受賞酒19銘柄をデザイン 県内郵便局で切手発売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島県日本酒が6年連続金賞受賞数日本一を記念し、発売された2種類のオリジナルフレーム切手=3日、福島市・福島中央郵便局

 福島県の日本酒が全国新酒鑑評会で6年連続金賞受賞数日本一に輝いたことを記念し、日本郵便は3日、県内の郵便局で、金賞酒がデザインされたオリジナルフレーム切手の販売を始めた。

 金賞酒19銘柄のラベルなどをデザインした82円切手を10枚で1シートにしたものを2種、それぞれ3千部ずつ発行し、価格は1シート1300円(税込み)。

 県内の415局のほか、5日から日本郵便のホームページでも購入できる。

 福島市の福島中央郵便局では同日、県観光物産館の職員らが金賞酒を中心に26種類の日本酒も販売した。

 切手と日本酒を購入した女性は「日本一として話題になり購入した。切手は記念に取っておこうと思う」と話した。日本郵便東北支社の中江紳悟支社長は3日、県庁を訪れ、内堀雅雄知事に記念切手を贈った。