サル劇場、ミニSL人気 会津アピオフェスティバルにぎわう

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ユニークなパフォーマンスで会場を沸かせたサル劇場

 第12回会津アピオフェスティバルは1、2の両日、会津若松市のアピオスペースで開かれ、親子連れが多彩なイベントを楽しんだ。会津若松卸商団地協同組合の主催、会津若松トラックセンター協同組合の共催。

 初日はあいにくの雨だったが、会場は大勢の来場者でにぎわい、子どもたちの歓声が響いた。

 東北サファリパークによるサル劇場では、サルの「珠(たま)ちゃん」が走り高跳びや竹馬を披露するなど、ユニークなパフォーマンスで来場者を楽しませた。ミニSLの乗車体験や会津若松法人会によるウルトラクイズ、白バイ・パトカー、消防車などの展示も人気を集めた。

 会場には飲食ブースが設けられたほか、食品やおもちゃ、洋服、雑貨などの協賛セールも同時に開かれ、イベントを盛り上げた。