速く走るこつ分かった! 桐山選手などが講師、古殿で陸上教室

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
走り方の基本を学ぶ生徒ら

 ヤマダ電機陸上競技部の選手を講師に招いた陸上教室は3日、古殿町の古殿小、古殿中で開かれ、児童生徒がトップアスリートから走り方の基礎などを学んだ。

 FULLSPOの主催。同部の桐山智衣選手(七種競技)、札場大輝選手(110メートル障害)、山崎謙吾選手(400メートル)、小田大樹選手(走り幅跳び)の4人が講師を務めた。

 古殿小児童、古殿中生徒を対象に2回に分けて行われた。このうち、中学生らは選手によるデモンストレーションを見学した後、各競技に分かれて講習に参加。生徒らは基礎練習に取り組みながら速く走るためのこつなどを学び、レベルアップを目指した。