チーム医療に理解深める 学生らグループワーク

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
チーム医療などについて理解を深める参加者

 福島県内の大学や専門学校が連携する県医療福祉関連教育施設協議会は6日までに、郡山市のポラリス保健看護学院などで県中地区研修会を開き、参加した学生らが医療現場やチーム医療などに理解を深めた。

 研修会は、複数の専門職が連携する「チーム医療」の重要性が増す中、学生のうちから互いに交流を図ろうと開催しており、今年で3年目。薬剤師や看護師、栄養士などを目指す学生ら約30人が参加した。

 初日は、参加者がグループに分かれて講義を受けたり、医療現場を見学したりした。グループワークも行い、患者に応じたケアの在り方について意見を交わした。