福島県自慢の逸品集合 中合・福島店で物産展

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県内の特産品が並ぶ会場

 福島市の中合福島店で6日、本県自慢の逸品を集めた「ふくしまの物産展」が始まった。多くの買い物客が訪れ、普段は現地でしか買えないグルメや食材を品定めしている。「東北の人気駅弁大会」も同時開催している。いずれも11日まで。

 物産展には初登場の3社を含む43社が出展。小池菓子舗(柳津町)のあわまんじゅう、かに船(いわき市)のうにの貝焼きめし、福島市の4店が日替わりで実演販売する「ふくしま円盤餃子」などが人気を集めている。イートインコーナーでは、めでたいや(会津若松市)の中華そばやソースカツ丼などが味わえる。

 駅弁大会では米沢名物の牛丼弁当「牛肉どまん中」、福豆屋(郡山市)の「海苔のりべん」など32種類を数量限定で販売している。開催時間は午前10時~午後7時30分(最終日は同5時)。