フリーアナ・唐橋ユミさん、母校でエール 葵高創立110年記念式典

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
人生を振り返り生徒にエールを送る唐橋さん

 会津若松市の葵高で5日に行われた同校の創立110周年記念式典では、記念事業として、同校の卒業生でフリーアナウンサーの唐橋ユミさんが「私の空気のつくり方」の演題で講演し、母校の節目に花を添えた。

 唐橋さんは学生時代の思い出やアナウンサーを目指したきっかけなど、自身の人生の節目を振り返りながら「失敗から成長が生まれる。夢を持ち続けて行動することが大切」と生徒にエールを送った。

 出演するテレビ番組「サンデーモーニング」の舞台裏なども紹介した唐橋さん。新潟中越地震や東日本大震災の被災者を取材した経験を踏まえ「『人に寄り添って伝える』とはどういうことかを今でも考え続けている」と報道の仕事に向き合う姿勢を語った。