国内初の全天候型練習場オープン Jヴィレッジで記念イベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
全天候型練習場で伸び伸びと体を動かす子どもたち=8日午後2時5分、Jヴィレッジ

 東日本大震災、東京電力福島第1原発事故から7年4カ月を経て7月に再始動したサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉、広野町)の全天候型練習場が8日、オープン。地元の子どもらが記念イベントの運動会に臨んだ。

 同練習場はサッカーやラグビーで使用可能な人工芝グラウンド1面分を最大で高さ約22メートルのドーム型の屋根で覆った国内初の施設。運動会では楢葉、広野両町の小学生やふたば未来学園高女子サッカー部員ら約90人が大玉転がしなどで駆け回った。