「川遊び」で校外学習 いわき・四時川、釣りや水中観察で自然体感

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ウグイを釣り上げ笑顔を見せる児童ら

 川部小は7日、いわき市川部町の四時川で校外学習の「川遊び」を行った。川で遊んだ経験の少ない児童たちが、地域の大人たちの手ほどきを受けながら釣りや水中観察などを楽しみ、豊かな自然を体感した。

 安全な遊び方や先人の知恵を学び、地域への愛着を深めることなどが目的。3年生10人が参加し、「ふるさと『しとき』を考える会」の会員が講師を務めた。

 児童らは、ウキを使わずに餌を動かして魚を誘う「ちゃか釣り」やウキ釣りで、ウグイやヤマメを釣り上げた。川エビや水生昆虫なども採取した。川遊びは3日にも行われ、1、2年生13人が参加した。