北海道地震、「72時間」捜索続く 福島県警ら土砂崩れ現場で活動

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
懸命に活動する福島県警などの捜索隊=8日、北海道厚真町吉野地区

 大地震の発生から3日目となる8日。多数の安否不明者が出た北海道厚真(あつま)町では、脱水症状や低体温症などのリスクが高まり生存率が急激に下がるとされる「72時間の壁」を意識した警察官や自衛隊員が必死でがれきや土砂をかき分けた。

 道内最大の被害が出た厚真町。「72時間の壁」が迫る中、福島県警の広域緊急援助隊員らは大規模な土砂崩れが起きた吉野地区で決死の捜索に当たった。

 隊員らが捜索した場所は7日時点で夫婦2人の安否が不明となっていた。「東日本大震災で北海道警など全国各地(の警察)にお世話になった」(佐藤克寿隊長・県警機動隊)と、活動に力が入る。

 「発見」。午後になり隊員に一報が入った。土砂を掘り起こすと1人が見つかったが、息はしていなかった。隊員らは9日で任務を終える。「せめてもう一人見つけてあげたい」。佐藤隊長らは任務を全うする覚悟だ。