普通列車が沿線の木と衝突 JR水郡線、車両の窓ガラスにひび

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 9日午前7時15分ごろ、JR水郡線矢祭山―東館間の下り線で、走行中の普通列車が倒れ掛けていた沿線の木と衝突し、車両の窓ガラスにひびが入った。けが人はなかった。車両の安全確認と木の伐採を行い運転再開した。下り普通列車2本が最大2時間20分遅れ、約150人に影響した。