安積黎明、郡山が「全国切符」 NHK合唱東北大会・高校の部

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3年連続29度目の全国大会出場を決めた安積黎明

 合唱の第85回NHK全国学校音楽コンクール東北ブロックコンクールは最終日の9日、宮城県の名取市文化会館で行われ、高校の部で安積黎明と郡山が金賞を受賞、全国コンクール出場を決めた。安積黎明は3年連続29度目、郡山は3年ぶり4度目の出場となる。小学校の部に14校、高校の部に13校が出場した。

 県勢はこのほか、小学校の部で朝日が丘(郡山市)が銅賞、薫(同)開成(同)高坂(いわき市)がそれぞれ奨励賞を受け、高校の部で会津が銅賞だった。

 高校の部の全国コンクールは10月6日に東京都のNHKホールで行われる。

 安積黎明の青木涼夏(すずか)部長(3年)は「2年連続出場のプレッシャーはあったが、今できることをやりきれた。もっと表現を磨いて全国大会に臨みたい」と笑顔で話した。郡山の佐藤竜聖部長(3年)は「震災後に書かれた鎮魂歌『おやすみなさい』を自由曲に選び、身の回りのものへの祈りや、おやすみなさいという言葉の温かさを表現した。悔いのない全国大会にしたい」と意気込みを語った。