いちい、鎌倉屋子会社化 郡山地区の基盤強化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市を中心にスーパーを展開するいちい(福島市)は、郡山市などでスーパーを経営する鎌倉屋(郡山市)を子会社化した。郡山地区に根差す鎌倉屋と業務・資本提携することで、郡山地区での事業基盤強化を図る。

 いちい、鎌倉屋の両社によると、双方の店舗名は変えずに運営していく。商品の共同調達による原価低減や共同開発による集客力の向上、物流・インフラの相互活用、資材の共同調達によるコスト削減を図る。また、モノのインターネット(IoT)を活用した経営の効率化や、役員を含む相互の人材交流にも取り組む方針。1日に業務・資本提携に関する覚書と株式譲渡契約書を締結した。

 いちいは鎌倉屋の発行済み株式を既存の株主から譲渡で引き受け、持ち株比率が51%の筆頭株主になった。

 いちいはスーパーなど13店舗、鎌倉屋はスーパーや農産物直売所「A(ア)ME(メ)KA(カ)ZE(ゼ)」など7店舗を展開。2社合わせた売上高は約200億円になる。鎌倉屋の芝田机太郎社長は「規模を拡大し、より安定した経営基盤を築いていきたい」と話した。