女子児童が巫女舞奉納 喜多方・三島神社「秋季例大祭」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
巫女舞を奉納する女子児童

 喜多方市上三宮町の三島神社秋季例大祭は9日、同神社などで行われた。地元住民が代々守り続けている太々神楽を奉納し、女子児童が巫女舞を演じた。

 同神社で神事を行った後、住民が神輿(みこし)を担いで地区内を練り歩き、太鼓台が運行した。夜に同神社の神楽殿で行う「上三宮三島神社の太々神楽」は県指定無形民俗文化財で、江戸時代の古い囃子(はやし)の形を残している貴重な民俗芸能。上三宮地区の住民でつくる三島神社太々神楽保存会のメンバーが、古事記や日本書紀など神話に登場する「岩戸開き」など12座を約2時間かけて奉納した。