浜通り6署が月命日の一斉捜索 「手掛かりを見つけたい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
砂浜で捜索を行う南相馬署員=11日午前、南相馬市鹿島区・烏崎海岸

 東日本大震災から7年6カ月。浜通りのいわき中央、いわき東、いわき南、双葉、南相馬、相馬の6署は11日、管内の沿岸部などで行方不明者の一斉捜索を行った。

 南相馬署は南相馬市鹿島区の烏崎海岸で行い、署員9人がくわなどを使って砂浜の砂をかき分け、行方不明者の遺留品などを捜した。

 同署管内では依然として87人が行方不明となっている。復興支援で県警に出向している同署復興支援係の巡査(24)=和歌山県警=は「帰りを待っている家族のために手掛かりを見つけたい」と話した。