駅前広場「花時計」秋の花で彩る 福島商工会議所女性会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花時計を秋の花に植え替えた参加者

 福島商工会議所女性会は13日、福島市のJR福島駅東口駅前広場に設置されている「花時計」の花を植え替え、秋らしい色合いの花で時計を彩った。

 斎藤可子会長ら会員16人と福島明成高生物生産科施設園芸コース草花専攻班の2年生16人が参加した。11月4日に同市で開かれる古関裕而音楽祭にちなみ、とんがり帽子の赤い屋根のデザインで花時計を飾った。

 参加者は生徒らが栽培した色鮮やかなヒポエステスなど約650株を植え替えた。同専攻班長の引地秀太さんは「自分たちが育てた花を駅前で多くの人に披露できてうれしい」と話した。