福島駅前で16日「アキフェス」 ワインや手作り品など複数催し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 複数のイベントで福島市を盛り上げる「Fukushimaアキフェスinえきまえ2018」は16日、同市の中心市街地で開かれる。福島駅前元気プロジェクト委員会の主催。

 JR福島駅前通りで午前10時~午後6時に約200種類の世界のワインと県内外の飲食店24店の各種料理が楽しめる「ワイン ヴァン ヴィーノ フクシマ」を開催。15日午前10時~午後8時に中合ツイン広場で同イベントの前日祭を行う。

 16日午前10時~午後4時は同駅東口駅前広場で近隣の農家が野菜などを販売する「グッデイマーケット」、同駅前通りと街なか広場で手作り雑貨の販売ブースや飲食ブースなどが並ぶ「手づくりマルシェ」を開催。同駅前広場では午後2時40分から民族衣裳文化普及協会福島支部が半幅帯結びの実演と無料レッスンを行う。ほかにも同駅前広場と街なか広場で多彩なステージイベントを予定している。問い合わせは事務局の福島商工会議所(電話024・572・7118)へ。

 15日から「ご当地グルメ&美酒フェスタ」

 福島市の中心市街地にぎわい創出と「福島の酒」全国新酒鑑評会6年連続金賞受賞銘柄数日本一を記念した「ご当地グルメ&美酒フェスタ」は15日、福島市の吾妻通りとさんかく広場を会場に開幕する。17日まで。福島民友新聞社の主催、福島商工会議所、県酒造組合の共催。

 富士宮やきそば(静岡県)や明石焼き(兵庫県)など全国の人気ご当地グルメをはじめ、県内からは円盤餃子(ギョーザ)(福島市)やカレー焼きそば(会津若松市)などが会場に並ぶ。また、全国的なグルメイベント「居酒屋大サーカス」から岩手県や沖縄県の郷土料理なども出店する。

 県酒造組合は金賞受賞酒をはじめ県内酒蔵の酒を並べ、ビールやソフトドリンク、ファストフードなどのキッチンカーなども出店し、会場に元気を届ける。

 開場時間は午前11時~午後6時30分(最終日は同5時)。会場での販売はチケット制で、100円チケット(10枚つづり)を1000円で販売する。問い合わせは福島民友新聞事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)へ。