郡山・スナックの強盗致傷関与か 盗みと無銭飲食疑いで男逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山署は14日午前0時25分ごろ、無銭飲食と盗みの疑いで本籍郡山市、自称住所不定、自称無職、容疑者男(48)を逮捕した。容疑者は同市駅前で8月に発生した強盗致傷事件で逃げた男の目撃情報と特徴が似ていることなどから、同署は強盗致傷事件に関与した可能性もあるとみて関連についても調べている。

 逮捕容疑は8月29日午後7時10分ごろ、同市のスナックで飲食代計6500円を支払わなかった上、現金数千円やスマートフォンなど4点(計5万円相当)を盗んだ疑い。捜査関係者によると、同市駅前周辺で無銭飲食事件が複数発生。目撃情報などから、同署は有我容疑者が少なくとも4、5件の無銭飲食事件に関わっている可能性があるとみて捜査している。

 8月の強盗致傷事件では、客として訪れた男が経営者の50代女性を酒の瓶などで殴った上、財布を奪って逃走した。