小、中学校の給食に採用 小野高の「うまいもん甲子園」準V料理

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アイデア料理「魔法のサラダうどん」を説明する小野高の生徒

 昨年の「ご当地!絶品うまいもん甲子園」で準優勝した小野高のレシピ「美女伝説到来!魔法のサラダうどん りこぴんぴん」が今月、小野町の小、中学校の給食に採用された。児童、生徒たちが高校生のアイデア料理を味わった。

 トマトを練り込んだ麺に枝豆ソースなどを絡めて食べる料理で、地産地消や健康志向な点などが評価され、高校生が料理で競う、うまいもん甲子園で準優勝に輝いた。

 各小学校では10日、小野中では12日の給食で提供された。料理を考案した小野高3年の3人は12日、小野中を訪れ、中学生に料理の特色を説明した。