お待たせ!秋の味覚「イチジク」 いわきで赤く色づく大ぶりの実

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
赤く色づき一つ一つ丁寧に収穫されるイチジク=いわき市四倉町

 秋の味覚イチジクの収穫作業がいわき市で本格化している。

 同市四倉町の、とまとランドいわき(鯨岡千春代表)の畑ではイチジク「桝井ドーフィン」を従業員8人が、赤く色づいた大ぶりの実を一つ一つ丁寧にもぎ取って収穫を行っている。

 従業員の関淑江さん(62)によると、出荷されるイチジクは生食用で、ほんのりした甘さと果肉の柔らかさが特長。サラダやワイン煮などに使われるという。市内の市場から、県内の青果店などに出荷される。