JICAが郡山市役所で業務開始 地元企業の海外展開支援

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
デスク設置をPRする鈴木課長(左)と室井推進員

 国際協力機構(JICA)東北と郡山市は民間企業の開発途上国への海外展開などを支援する「JICA郡山デスク」の業務を開始した。地元企業の海外展開支援を目的とした拠点設置は全国の市町村では初めて。

 JICA郡山デスクは、政府開発援助(ODA)を活用した民間企業の海外展開のほか、自治体、民間団体、企業による国際協力事業を支援する。民間企業が持つ技術やノウハウなどを活用し、開発途上国が抱える課題解決につなげる。

 JICA郡山デスクの室井研一国際協力推進員、同市産業観光部の鈴木裕一課長が福島民友新聞社郡山総支社を訪れた。室井推進員は「中小企業の技術力で発展途上国を支援し、雇用につながる活動ができれば」とPRした。平日の午前8時30分~午後5時15分に、郡山市役所西庁舎4階の産業観光部内に設けられている。来所する際は事前連絡が必要。問い合わせはJICA郡山デスク。