秋の夜彩る海老根手すき和紙「灯籠」 郡山のあぜ道優しく照らす

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
海老根手漉和紙の灯籠に明かりがともされ、幻想的な雰囲気を演出した「秋蛍」=15日午後、郡山市中田町

 郡山市中田町海老根地区に伝わる海老根手すき和紙を使った灯籠が並ぶ「第16回海老根長月宵あかり―秋蛍」は15日、同市中田町の海老根伝統手漉(てすき)和紙工房周辺で始まった。灯籠の淡い光が田んぼのあぜ道を優しく照らし、秋の夜を彩っている。16日まで。地元の住民有志でつくる実行委の主催、海老根伝統手漉和紙保存会の共催。

 会場周辺の道路沿いには、和紙を円筒状にした約650基の灯籠が並んでいる。時間は午後6時~同9時。