「ご当地グルメ&美酒フェスタ」開幕 多彩なグルメと美酒満喫

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
さまざまなご当地グルメを味わう来場者

 全国新酒鑑評会での県産酒6年連続日本一を記念した「ご当地グルメ&美酒フェスタ」が15日、福島市の駅前の吾妻通りとさんかく広場で開幕した。富士宮やきそば(静岡県)や明石焼き(兵庫県)など人気のご当地グルメを味わったり、日本酒の飲み比べを楽しむ人たちでにぎわっている。17日まで。

 開催時間は午前11時~午後6時30分(17日は同5時)。会場での販売はチケット制で、100円チケット(10枚つづり)を1000円で販売している。

 福島民友新聞社の主催、福島商工会議所、県酒造組合の共催。

 「日本酒」飲み比べ人気

 福島市で15日開幕した「ご当地グルメ&美酒フェスタ」では、県内外の多彩なグルメが訪れた人たちを楽しませた。本県の多彩な日本酒を楽しむファンの姿も目立った。

 本県産の金賞受賞酒の飲み比べセットなどが人気を集めた。「福島の日本酒は甘辛くて、新潟の酒よりパンチ力がある」。須賀川市の会社員男性(58)は日本酒のグラスを傾けながら語った。

 ご当地グルメは富士山麓からあげ(静岡県)や松阪、米沢、飛騨の3種牛串焼きなど幅広い品が並んだ。鏡石町の会社員男性(54)は静岡県出身。「地元静岡のものを含め、全国のグルメが並んでいてうれしい」と笑顔を見せた。

 会場には子どもたちも多数訪れた。友達と訪れた福島市の清明小5年女子児童(11)は「いろいろな食べ物があって見て回るのが楽しい」と大喜び。

 会場には特設ステージも設けられ、日本酒女子会代表も務めるシンガー・ソングライター氏家エイミーさんの演奏などが会場を盛り上げた。