オートバイ転倒、33歳男性死亡 ツーリング中ガードレール接触

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 17日午後4時10分ごろ、本宮市の市道で、二本松市、会社員、男性(33)のオートバイが転倒した。男性は約2時間後に死亡した。

 郡山北署本宮分庁舎によると、男性は仲間と2人でツーリング中に運転操作を誤りガードレールに接触し、約3メートル下の土手に投げ出された。同署が詳しい原因など調べている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ