知事賞に下郷・郷人輝く うつくしまYOSAKOIまつり閉幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大賞に輝いた郷人

 東日本大震災、東京電力福島第1原発事故からの復興を願い、県内外から約100団体、約3000人の踊り手が集結した「第18回うつくしまYOSAKOIまつり」は17日、メイン会場となった郡山市熱海町の郡山ユラックス熱海で総踊りが繰り広げられ、2日間のまつりの幕を閉じた。

 審査の結果、大賞(知事賞)に郷人(下郷町)が輝いた。準大賞(郡山市長賞)は福島学生"源種"~seed~、3位の福島民友新聞社賞は水戸藩YOSAKOI連が選ばれた。

 郷人は「会津魂~義~」をテーマに、戊辰戦争時の会津藩士ら先人たちの生きざまを演舞に込めた。代表の渡部一さん(55)は「戊辰150年の節目に大賞を受賞できてうれしい」と、充実感を漂わせた。

 実行委員会の主催、NPOうつくしまYOSAKOI振興会、福島民友新聞社などの共催。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ