喜多方・揚津分校が初V 交流レガッタ、全国から1160人参加

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初優勝した揚津分校チーム

 第27回全国市町村交流レガッタ大津大会は15、16の両日、大津市の滋賀県立琵琶湖漕艇場で開かれ、喜多方市から参加した「揚津分校」が成年男子(漕手の合計年齢が140歳未満)の部で初優勝した。全国ボート場所在市町村協議会の主催。

 漕艇場を持つ市町村がボートを通じて交流を深める大会で、全国28市町村から過去最多の約1160人が参加。喜多方市から6チームが出場した。優勝した「揚津分校」は喜多方市高郷町揚津地区の上野寛史さん(35)、冨田真紀さん(43)、高橋伸之さん(35)、冨田裕幸さん(25)、福地哲史さん(40)の5人。

 このほか熟年男子(漕手の合計年齢が200歳以上)の部で「さゆり~ず」が準優勝、議会議員の部で「喜多方市議会ラーメン号」が6位に入賞した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ