子ども立像「サン・チャイルド」撤去完了 保管後扱い決まらず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
立像が撤去されたこむこむ前。近くには立像に関する案内板だけが残っていた=20日午後4時ごろ、福島市

 福島市がJR福島駅近くの教育文化施設「こむこむ」前に設置した現代アートの立像「サン・チャイルド」の撤去作業が20日終わった。解体した立像は市の施設で保管するが、その後の扱いは決まっていない。

 18日に始まった撤去作業では「子どもたちが解体光景を見てショックを受けないように」と、立像の周りをシートで隠す対応を取った。作業中も立ち止まって写真を撮ったりする市民の姿があった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ