「古里で墓参り...気持ち安らぐ」 富岡・龍台寺で先祖の霊慰める

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
避難先から先祖が眠る墓地を訪れた夫婦=20日午前10時45分、富岡町

 「彼岸の入り」の20日、一時全町避難した富岡町の龍台寺では早朝から多くの町民が墓参りに訪れ、先祖の霊を慰めた。

 帰還困難区域を除く避難指示の解除から1年5カ月が過ぎたが、町に戻った町民は人口約1万3000人の1割に満たない。郡山市で避難生活を送る男性(74)は妻(62)と共に先祖が眠る墓に花を手向け、手を合わせて冥福を祈った。男性は「古里で墓参りすると気持ちが安らぐ」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ