「炎のマエストロ」小林研一郎さん出演 アリオス10周年演奏会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
タクトを振る小林さん(中央)

 いわき市出身の作曲家・指揮者で「炎のマエストロ」こと小林研一郎さんが出演する、「日本フィルハーモニー交響楽団inいわき」は24日、福島県いわき市のアリオスで開かれた。

 同館の開館10周年を記念し開催。同館では、ほぼ毎年、小林さんが出演するコンサートが開かれている。今回は小林さんと同楽団のほか、元NHK交響楽団コンサートマスターの世界的バイオリン奏者徳永二男さんも演奏に参加した。小林さんと徳永さんは、同市で約46年ぶりに共演した。

 チャイコフスキーのバレエ組曲「くるみ割り人形」の「花のワルツ」でコンサートが開幕。小林さんは演奏後、客席にあいさつし、いわきにゆかりのある出演者を紹介した。その後も、ときに静かに、ときに激しく全身を使って指揮を執る"世界のコバケン"と楽団のハーモニーが観客を魅了した。

 本番に先立ち、公開リハーサルが催され、同市の中学、高校生らが一流の音合わせを見学した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ