奥羽越列藩同盟の活動解説 県立博物館で講演会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
講演する水野学芸員

 会津若松市の県立博物館で2日までに、企画展「戊辰戦争150年」に合わせ、「仙台藩と奥羽越列藩同盟」と題した講演会が開かれ、来場者が戊辰前後の東北地方の政治史について理解を深めた。

 水野沙織仙台市博物館学芸員が講演。東北以外の諸藩にも正当性を訴えるなどした列藩同盟の活動や降伏後の仙台藩の動きなどを解説した。

 同博物館の企画展「戊辰戦争150年」は14日まで。同日午後1時30分からは「北越戊辰戦争と会津藩」をテーマに講演が行われる。

 申し込み不要。問い合わせは県立博物館(電話0242・28・6000)へ。