「痛車」80台にびっくり 伊達でアニメフェス、声優トークも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会場に並んだ痛車

 アニメの祭典「伊達なアニメフェス」は3日までに、伊達市の保原体育館などで開かれ、多くのアニメファンでにぎわった。同市アニメツーリズム実行委員会の主催。

 同市の観光PRアニメ「政宗ダテニクル」を活用した観光振興や地域活性化を目的に初めて開催された。

 政宗ダテニクルの声優によるトークショーやアンパンマンショー、アフレコ体験などが行われた。

 チンチン電車広場では福島Moe祭実行委員会の協力で、アニメなどのキャラクターを車に装飾する「痛車(いたしゃ)」コンテストが行われた。

 全国各地から集まった約80台の痛車が並び、来場者は装飾に驚きながら写真を撮るなどしていた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ