温泉街に熱気 「飯坂けんか祭り」開幕、6日は宮入り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
神前で奉納された浦安の舞

 「飯坂けんか祭り」として知られる福島市飯坂町の八幡神社の例大祭は5日、同神社などで始まり、温泉街が熱気に包まれている。祭りは7日まで。6日は最大の呼び物の「宮入り」が予定されている。

 5日は、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し、氏子の平安を祈願する例大祭式典が行われた。斎藤訓朗宮司が祝詞を奏上、二階堂剛実行委員長ら関係者が玉串をささげ、浦安の舞などを神前に奉納した。

 例年多くの観客でにぎわう「宮入り」は6日午後7時から。みこしと6町の屋台が温泉街を練り歩き、同8時20分ごろ神社に到着。境内に太鼓の勇壮な音を響かせながら、屋台が激しくぶつかり合う。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進