湯川産コシヒカリ「おいしい」 道の駅で新米祭、試食会に長蛇の列

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新米の試食会で長蛇の列を作る来場者

 第13回湯川村新米祭は7日、同村の道の駅あいづ湯川・会津坂下で開かれ、来場者が「湯川米」で有名な村産新米コシヒカリのおいしさを味わった。実行委員会の主催。

 恒例の新米の試食会が開かれ、村内外からの来場者が長蛇の列を作った。

 今年は戊辰150年に合わせた企画も開催。コメと一緒に、会津農林高の生徒が栽培した会津伝統野菜で作ったおかずが振る舞われ、来場者が舌鼓を打っていた。

 稲刈り体験や新米をプレゼントする抽選会などコメにちなんだイベントも開催された。魚つかみやサンバカーニバルも好評だった。

 福島大の学生は、同村堂畑地区の新鮮野菜を販売する「堂畑マルシェ」を開催。うつくしまライシーホワイトによる新米のPRブースなども設けられた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進