迫力の「暴れっぷり」 見物客が歓声、二本松・針道のあばれ山車

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大型人形を載せた山車が激しくぶつかり合った「針道のあばれ山車」=二本松市

 人気キャラクターなどの大型人形を載せた山車同士が激しくぶつかり合う「針道のあばれ山車」は7日、二本松市針道の大通りで繰り広げられた。

 針道若連連合会の各若連の山車7台が前後しながら各所で激突、山車がきしむほどの迫力で見物客を沸かせた。

 地元の諏訪神社の例大祭で、400年以上の伝統を受け継ぐ。大型人形を含む山車の高さは4メートル以上で、総重量は約1トン。

 今回は「達磨大師」「スパイダーマン」など各若連がアニメ、歴史上などのヒーローの人形を制作した。各若連が山車を勢いよく激突させる"暴れっぷり"に見物客が大きな歓声を送った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進