「包丁」持ったまま署員に近づく...銃刀法違反疑いで53歳男逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山署は9日午後1時30分ごろ、銃刀法違反の疑いで郡山市、自称会社員、容疑者男(53)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、自宅そばの通路で包丁(刃渡り約6センチ)を所持した疑い。容疑者が110番通報した。

 同署によると、容疑者が包丁を持ったまま署員に近づいてきたことから、署員は拳銃を容疑者の足元に向けて構え、包丁を捨てるよう指示したという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進