「古式炮術演武」勇ましく 相馬中村城まつり、クイズや乗馬も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
相馬神社で奉納された古式炮術演武

 相馬市観光協会は7日、福島県相馬市の中村城跡周辺で「相馬中村城(馬陵城)まつり」を開いた。相馬神社(山中宣明宮司)の例大祭と同時開催され、相馬の歴史にちなんだ各種イベントに多くの人が訪れた。市、市教委、相馬商工会議所の共催。

 相馬神社では、戊辰戦争150年の供養式典に続いて御神楽奉納、スポーツ吹き矢の無料体験が行われた。古式炮術(ほうじゅつ)演武の奉納では、相馬外天会のメンバーが釣瓶(つるべ)打ちや大筒などを次々と披露し、来場者から歓声が上がった。また、氏子青年会がみこしで市内を練り歩いた。

 参道周辺では「中村城○×クイズ」が行われ、子どもと大人に分かれて相馬や相馬中村藩にまつわる質問に答えた。中村城跡周辺の散策も行われた。

 このほか、千客万来館では、江戸時代の甲冑(かっちゅう)着付け体験や陣羽織を着用しての乗馬体験を実施した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ