さんま祭とまぐろ祭り活気 いわきでイベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
旬のサンマを焼く来場者=いわき・ら・ら・ミュウ

 いわき市内で7日、旬のサンマやマグロなどを味わうイベントが開かれ、大勢の来場者でにぎわった。

◆焼きたて楽しむ さんま祭、いわき・ら・ら・ミュウ

 いわき市小名浜のいわき・ら・ら・ミュウが同施設で開き、来場者が焼きたてのサンマの味を楽しんだ。

 千匹のサンマが用意され、同施設での買い物レシートと引き換えに、振る舞われた。

 長さ約10メートルの特設焼き場では、来場者が早速サンマを焼き、秋の味覚を味わっていた。

◆マグロ丼や刺し身舌鼓 まぐろ祭り、中之作・清航館

 NPO法人中之作プロジェクトがいわき市中之作の清航館で開き、来場者がマグロ丼や刺し身に舌鼓を打った。

 解体ショーでは、同市中之作出身の元マグロ船船長箱崎義典さん(57)が53キロの本マグロをさばいた。

 マグロは、約150食のマグロ丼などとして提供され、子どもたちも笑顔で口に運んでいた。  益金は同NPOの古民家保全・再生・活用事業に充てられる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進