福島・大沼さん、県勢初の優勝 全国フォークリフト運転競技

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
全国フォークリフト運転競技大会の優勝を報告した大沼さん

 日本通運郡山支店福島ロジスティクス事業所に勤務する大沼亨さん(42)=福島市=が全国フォークリフト運転競技大会で念願の優勝を果たした。10日までに福島労働局を訪れ、森戸和美局長に優勝を報告した。

 大沼さんは「3回目の全国大会出場でやっと優勝できた。家族や同僚のサポートのおかげ」と喜んでいる。

 大会はフォークリフトの運転技術向上と労働災害防止を目的に陸上貨物運送事業労働災害防止協会が主催。9月23日、愛知県みよし市で開かれ、学科、点検、運転競技の3種目で知識と技能を競った。

 大沼さんは、各都道府県代表49人が出場した一般の部で優勝した。福島県からの出場者の優勝は初めてだという。

 勤務先ではフォークリフトの運転より大型トラックを運転している時間の方が長いという大沼さん。優勝を目指し、自主練習にも取り組んだ。「労働災害の防止に向け、職場で安全意識を広めていきたい」と、学んだことを仕事に生かしていく考えだ。

 福島労働局には同協会福島県支部の右近八郎支部長と五十嵐雄二事務局長、日本通運郡山支店の夏坂佳伸支店長が一緒に訪れた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ