「赤べこ公園」遊具塗り直し 環境美化へ、県塗装協会津支部

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
赤べこの水飲み場を塗り直す参加者

 福島県塗装協会会津支部の佐藤泰男支部長(59)ら22人は10日、会津若松市の赤べこ公園の遊具の塗り直しや喜多方市の舞台田橋などの落書き消しなどに汗を流した。

 佐藤支部長は「塗装業の技術力のPRにもつながる。落書きを消したり、塗装を直すことは環境美化の維持にもつながると思うので今後も継続したい」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進