13日から古殿八幡神社例大祭 流鏑馬と笠懸が奉納へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
昨年行われた流鏑馬の様子

 古殿八幡神社例大祭は13、14の両日、古殿町の同神社で行われる。鎌倉時代から伝わる流鏑馬(やぶさめ)と笠懸(かさがけ)が奉納される。

 疾走する馬上から矢を放つ流鏑馬と笠懸は13日が午後3時30分、14日は午後1時30分と同3時に行われる。14日午前9時30分からは祭典行列が練り歩く。

 両日、同神社で例大祭に合わせた「やぶさめフェア」も開催。13日は流鏑馬大会や流鏑馬太鼓の演奏のほか午後2時からウルトラマンルーブショーが行われる。14日は流鏑馬踊り流しや阿波おどりなどが披露される。問い合わせは町商工会、町産業振興課へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進