ひなと触れ合い 福島・街なか広場で「たまごフェスタ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会津地鶏のひなと触れ合う来場者ら

 県産卵などを味わうイベント「ふくしまたまごフェスタ2018」は6日、福島市の街なか広場で開かれ、会場は新鮮な卵を買い求める人らでにぎわった。県養鶏協会の主催。

 県の販売力強化支援事業の一環として開かれた。8種類の県産卵約2000パックを販売した。約200羽の会津地鶏のひなと触れ合うコーナーや、プリンの早食い、ゆで卵の早むき競争などのイベントも催された。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進