福島大・食農学類「貢献枠」倍率3.6倍 19年開設、経験枠2倍

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来年4月開設の福島大食農学類について、同大は12日、同学類AO(アドミッション・オフィス)入試の出願最終日となる同日午後5時現在の志願状況を発表した。

 本県など地域社会の次世代の担い手としての意欲を持つ人を募集する「地域社会貢献枠」は募集人員おおむね10人に対し志願者数は36人で、倍率は3.6倍となった。高校の専門学科などで農業などを学んでいる人が対象の「実践教育経験枠」は募集人員おおむね10人に対し志願者数は20人で、倍率は2倍だった。

 今後、書類による1次選抜を行い、1次選抜の合格者を18日に発表する。課題論文と面接による2次選抜は11月3日に実施する。合格発表は同8日。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進