浪江に関する言葉を曲に 児童らが新たな「レゲエ曲」歌詞制作

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新しい歌詞を作る児童ら

 二本松市にある浪江小・津島小で9日、3年前に作ったレゲエ曲「んだげんちょ」の新しい歌詞制作が行われた。

 前回と同じ福井県出身のれげえ歌手シング・ジェイ・ロイさんが指導し、4~6年生3人が参加した。インターネット回線を通してなみえ創成小中の児童3人も加わった。

 児童は、あらかじめ復興住宅や二本松市に住む浪江町民にアンケート、浪江町に関する言葉を集めた。歌詞作りでは、子どもたちが集めた言葉を基に浪江町の四季や自然、町民が元気になるようなフレーズについて頭をひねり、体を揺らしながら創出していった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進