地域芸術、文化をアートに 南相馬で「海神の芸術祭」開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
坂内さんの絵画が並ぶ野馬追通り銘醸館二番蔵

 現代アートの祭典「海神の芸術祭」が13日、南相馬市で開幕した。

 最先端のアートを通して地域の文化に触れる機会を設けようと、同市原町区の朝日座など市内6会場で28日まで繰り広げる。福島ビエンナーレの一環。国内外で活躍する芸術家の絵画や彫刻の展示、映画の上映会などを通じ、同市の伝統的な芸術、文化と現代アートの融合を図り、地域の文化の再発見につなげる。

 初日の13日は、野馬追通り銘醸館二番蔵で同市出身の画家坂内直美さんの絵画の展示会などが開かれた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進