「福島市体育館」10月21日に再オープン アリーナなど備える

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
再オープンを前に、アリーナを内覧する利用者

 NCVふくしまアリーナ(福島市体育館・武道場)の建て替えが完了し、15日、利用者向けの内覧会が開かれた。21日に再オープンし、オープニングイベントが開かれる。

 以前の福島体育館と市武道館が老朽化した上、震災で被災したため、市が同アリーナとして一体的に再整備した。ネーミングライツパートナーはニューメディア(山形県米沢市)。

 整備費用は約37億円。鉄筋コンクリート造り一部鉄骨造りの2階建て、延べ床面積約7500平方メートル。アリーナ(バスケットボールコート2面分)と剣道場(2面)、柔道場(240畳)、弓道場(近的6人立ち)を備える。

 22日から個人使用が始まり、団体使用は11月1日から。オープン後の開館時間は午前9時~午後9時。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進