「優良PTA」大臣表彰に福島県3団体 11月に表彰式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県教委は15日までに、本年度の優良PTA文部科学大臣表彰に福島県から旭田小父母と教師の会(下郷町)、行仁小父母と教師の会(会津若松市)、棚倉幼稚園父母と教師の会(棚倉町)の3団体が選ばれたと発表した。

 旭田小父母と教師の会は地元企業や介護施設と連携して、職場体験や高齢者と障害者の疑似体験、外部講師による自然観察など幅広い学習を行っている。

 行仁小父母と教師の会は通学路の危険箇所マップや避難の家の設置場所一覧を作製。家庭や地域住民らに配り、事故防止や不審者対策に取り組んでいる。

 棚倉幼稚園父母と教師の会は園だより「すみれ」を年に25回、園長だより「詰草」を46回発行。行事や園児の様子をきめ細かく知らせ、園活動に対する保護者の意識高揚を図っている。

 また、PTA活動振興功労者には福島県から県PTA連合会前会長の小林利明さん、県私立幼稚園・認定こども園PTA連合会副理事長の伊藤順朗(まさお)さん、全国高校PTA連合会元理事・調査広報委員長の関根英樹さんの3人が選ばれた。

 表彰式は11月21日に東京都で行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進