関係者が節目祝う 塙工高創立70周年

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
生徒代表であいさつする加勢生徒会長

 塙工高の創立70周年記念式典は13日、塙町の同校で行われ、関係者が節目を祝った。

 生徒、教員と来賓合わせて約280人が出席。

 佐藤浩正校長が「豊かな古里をつくる人材を育てる学校でありたい」と式辞を述べた。創立70周年記念事業実行委員長の下重政寿同窓会長があいさつし、歴代校長らに感謝状を手渡した。

 生徒を代表し、生徒会長の加勢紘士さん(3年)が「これからも生徒が生き生きと活躍できる学校であることを願う」と語った。

 同校は1948(昭和23)年4月、東白川農(現修明)高の塙分校として設立され、同年7月に塙高として独立した。学科の統廃合などにより70年に現在の校名になった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進